専門学校のメリット

では、次に専門学校のメリットについて紹介します。進路に専門学校を選ぶ人は、その理由として高い就職率を挙げます。専門学校の就職率は平均して80%を超えています。中には、100%という数字を出している専門学校もあるほどです。このように、大学卒の就職率よりも高い就職率が人気の最大の理由となっているのです。

専門学校は大学と違い資格取得に特化した授業が特徴です。就職に、資格が有利に働くことは明確です。また、専門学校は夜間のものもありますから、大学に通いながら、あるいは働きながらでも通えるところも大きなメリットでしょう。周りの生徒も、同じ目的で通っているわけですから、刺激もありますし、情報の共有と言う面でも有利です。

参照HP|学生の皆さまへ専門学校のご案内|就職に強い大原学園

企業にとっても専門学校の生徒は欲しい人材であると言えます。その理由としては、専門性を持っているということが大きいでしょう。大学と違い、実習が多く実践的な教育をされているため、即戦力としても期待されています。また、専門学校は企業と太いパイプを持っていることが多いものです。こうした企業への、実習やインターンシップなどを通じてよい評価が得られたら、採用時の選考で有利ともなります。このように企業にとっても、生徒にとっても専門学校は欠かせないものとなっているのです。